Ear Clean


耳内の毛の処理について

  ヨークシャテリア、シーズー、マルチーズ、プードル、シュナウザーなどの犬種は、体の毛を同じように耳内の毛も伸びてきます。この毛を処理してあげないと不衛生になり、耳内の風通しが悪くなり、耳の病気を引き起こしやすくなります。病気予防のため、清潔のために処理致します。

施術前

施術後

 耳内の毛の処理の範囲は、オーナートリマー高田の目で見える範囲のみと致します。目視が難しい「垂直耳道」と呼ばれる部分の毛の処理を希望される場合は獣医師に依頼してください。清潔な状態でしたらあまり奥までやる必要はありません。

 耳内の毛の処理が終わったら、バクテリアの繁殖を抑えるイヤークリーナー( 塩素、アルコールが含まれていない )を使用し、耳内を優しくふきあげます。

 外耳炎、中耳炎を患っているコ、耳の入口が見えないくらいに耳道が異常に厚くなっているコ、悪臭とともにベトベトの膿が出ているコ、触れるだけで痛がる・攻撃的になるコなどの場合は動物病院で治療してあげてください。


search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close